引越しの挨拶の方法

引越しの挨拶の方法


⇒実証済み。確実に引越しを安くする方法(上をクリック)
おすすめコンテンツ
安い引越し業者の探し方 | 単身引越しの相場 | 単身引越しのコツ | 引越しチェックリスト

引越しの挨拶の方法

 マナーとして、戸建てであれば、引越しする住居の両隣と向かいの家、それと余裕があれば近所の人にあいさつをするのが理想です。 あいさつする方は金銭的な負担がかかるうえに面倒だしドキドキしますが、される側はちょっと玄関先で応対するだけですし、悪い気分はしないものです。

 

向こう三軒両隣とは、 向かい側のお家3軒と自分の家の左右の2軒のことをいいます。 経験則からいえば、定住する予定であれば、外出時に顔を合わせる可能性があるお家「全て」にあいさつした方がいいです。 若い人はあまり気にしない傾向が強いですが、年配者のコミュニティーを甘く見ないほうが良いですよ(笑)。

 

新居でのあいさつは、引越し前に行っておいたほうがいいですね。 越してからしばらくはバタバタしてしまうこともあり、あいさつのタイミングを逃しがちです。 また、一番音を立ててしまうのも荷物を運んだりしている時なので、「少しガタガタ音がしてしまうかもしれませんが…」と一言添えておくのもマナーだと言えるでしょう。

 

特に一軒家が多い住宅街に引っ越す場合は、世帯主が40〜70歳代であることが多いため、菓子折りを持っていった方が良いケースが多いです。 逆に、マンションやアパートでは若い世代が住んでいる傾向があるため、菓子折りよりもクオカードなどが喜ばれます。

 

クオカードはケースが紙でできているので、簡単な挨拶文などを記入することもできますし、時間がないときはそのままポストに投函してあいさつを後にすることもできます。 あいさつが夜間になってしまうときはポストに入れておけば、翌日の朝には見るでしょうし、あいさつされるかもというように相手方にもワンクッション置くことができます。 どちらもコンビニですぐ買えるものですので、ついでにコミュニケーションしておきましょう。 ご近所トラブル、地震、火事のときなど、何かあったときに面識があったほうが良いです。

 

迷ったらココ!



⇒実証済み。確実に引越しを安くする方法(上をクリック)
単身パックを利用するにしても、3〜4社くらいは見積もりを取るのがベストです。

単身パック料金と引越し業者の見積もりを比較してみましょう。

多ければ多いほど比較することができるし、それを元に金額引き下げ交渉もできます。


一括見積もりサービスを利用してみましょう。


ズバット引越し比較一括見積もり依頼サービス
◆ 無料一括見積もりで最適な引越し業者が見つかります

◆ 大手多数!厳選引越し業者200社以上が参加(業界最多!)

◆ 引越し比較利用者1440万件突破!実績No1
◆ 面倒な引越し手続きを無料一括申し込み可能

無料最短1分の簡単見積もりです。↓ここから↓
お見積もりできる引越し業者(例)

この他多数の業者が参加しています。



ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 安い引越し業者の探し方 単身引越しの相場 単身引越しのコツ 引越しチェックリスト